虫歯になったら?
おおなり歯科クリニック HOME > 虫歯になったら?
もしも子供が虫歯になってしまったら?
歯の悩みで一番多いのが虫歯についてです

歯の悩みで一番多いのが虫歯についてです

当院にご来院される方で最も多い歯の悩みは虫歯についてになっています。子供でも大人でも虫歯に悩む方は多いです。大人になっても虫歯で悩む方の多くは子供の時に一度虫歯になった経験がある方に多い傾向があります。一度虫歯になってしまうと、そこから虫歯菌がさらに広がり、虫歯になる可能性が高くなってしまいます。このような多発する虫歯の悩みに対して、おおなり歯科クリニックでは虫歯にならないように子供の頃から正しい予防歯科を受けていただけるように、虫歯についてご紹介します。
まずは虫歯になりやすいポイントを把握しましょう

①正しい歯みがきができていない

虫歯になる原因は、歯垢の中に潜む虫歯菌が広がることで虫歯になっていきます。歯みがきで歯垢を十分に落とすことができていないと、結果的に虫歯菌が広がるのを防ぐことができず、虫歯になってしまいます。
  • 解決ポイント

    歯垢を隅々までしっかり落とすこと意識して歯みがきをするようにしましょう。歯の表面の目立つ部分だけではなく、奥歯の溝や歯の裏側、歯と歯茎の境目などまんべんなく歯みがきをすると良いです。

②間食をすることが多い

甘い物を飲み食いすると虫歯になりやすいと言われていますが、その根本的な原因となるのが糖質となっています。虫歯になる原因として、糖質の摂取量よりも、摂取した頻度の方が関係性が高いと言われています。1日3食の食事以外の間食が多いと、この糖質の摂取頻度が多くなり、それに比例して虫歯になる可能性も高くなってしまいます。
  • 解決ポイント

    まずは間食を極力控えていただき、糖質の摂取頻度を少なくしましょう。根本的な虫歯の原因でもある糖分も極力控えるようにしましょう。

③歯の質が原因

歯の質が低く弱い状態だと虫歯菌によって歯が溶かされてしまい、虫歯になる原因になってしまいます。特に乳歯や、生えたばかりの歯などは質の面で弱く、虫歯菌の影響を直で受けてしまいます。
  • 解決ポイント

    歯の質を高めて強くするためにはフッ素の成分を取り込むことが効果的と言われています。フッ素を取り込む方法はフッ素入りの歯みがき粉を使用したり、歯医者に直接フッ素を塗ってもらうなどの方法があります。

④親から子供へ虫歯菌が移る

ミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌の代表例でもあるこの菌は親から子供へ感染すると言われています。赤ちゃんの口の中には虫歯菌がないため、食べ物を食べさせる時に、同じ箸やスプーンを使用することで虫歯菌が移る可能性があります。
  • 解決ポイント

    親から子供へ虫歯菌が移ることがわかれば、極力同じ箸やスプーンを使用しないようにして食べさせることで、虫歯菌が移る可能性を低くすることが期待できます。それでもいずれ虫歯菌は発生してしまうので、日頃から歯みがきをしていくことも重要です。

⑤虫歯と唾液の量に深い関係が

唾液には虫歯菌の繁殖を抑えてくれる役割の抗菌作用や、口の中の状態を元通りにしてくれる役割の緩衝作用があると言われています。唾液の量が多くなれば、これらの作用が活発に働きますので、虫歯菌の繁殖を抑えることができます。
  • 解決ポイント

    できるだけ口の中が乾かないように水分をこまめに取るようにしましょう。食生活や睡眠不足など生活習慣の乱れも原因の一つになると言われているので、唾液が少ないと感じる場合は改めて見直してみましょう。

歯のお悩みについて、まずは当院へご相談ください。

TEL:048-783-3351【受付時間】
月曜日~土曜日
9:30~13:00 14:30~19:00
※土曜日は午後14:30~18:00
最近歯の黄ばみ汚れや歯並びが気になりませんか?
  • 歯並びが気になって、人前で歯を見せられない
  • 歯の黄ばみ、汚れが気になる
  • 虫歯ができて痛みが続いている
  • 歯石が溜まって、なかなか落ちない
  • 歯の矯正をしたいけど、見た目と費用が気になってできない

このようなことでお悩みの成人の方。
当院ではこれらのお悩み
根本から解決できる治療をご用意しております。